CPU簡易価格表の使い方+目次

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CPU簡易価格表の使い方+目次

CPU簡易価格表みたいなものがあれば便利だなと思って作ってみました。
各CPUの現在の大まかなラインアップとトレンド、考察などを価格とからめて紹介したいと思っとります。

製品名価格帯コメント、詳細
Sempron¥4,000前後ローエンドパソコン向けCPU
Celeron 400¥4,000前後低価格デスクトップ向けCPU
Pentium Dual Core ¥8,000前後やや手ごろなデュアルコアCPU。
Athlon64 X2 Dual-Core ¥6,000~20,000Athlon64の上位モデル。
Core 2 Duo¥13,000~60,000人気のNO1のCPUシリーズ。
AthlonFX¥22,000~40,000AMDの最上級CPUシリーズ。
Phenom¥10,000~23,000ミドルクラスユーザー向けシリーズ。
Core 2 Quad¥20,000~59,000マルチタスク向き。動画編集向け。
Core 2 Extreme¥55,000~170,000パワーユーザのための最終兵器。
Core i7¥28,000~108,0008コアを誇るインテルCPU
Core i5¥18,200~26,680グラフィック処理の高速CPU



CPUを選ぶ際の要注意点は、CPUのソケットの形です。
ソケットというのは、マザーボードとの接続口で、電化製品でいうと コンセント部分のことを言います。


つまりこの形が合わないと、CPUを取り付けて使うことができません。
自作パソコンを作ろうとしている人はソケットの形状に気をつけてください。

次にチェックするポイントとして、クロック数を見てください。 単純にこの数字がCPUの性能を表していると言われています。

また、FSBの数が何を表しているのかというと、他のパーツとの性能のやりとりの 度合です。なので、クロック数が同じのCPUと比べた時に、FSB数が大きい方が性能が高いということがわかります。

キャッシュ(L1, L2と書いてあるもの)というものは、データを一時的に保存する場所の大きさを表しています。
これも、数が大きくなればなるほど性能は高く、CPUの処理速度が速くなることを意味しています。

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項