メモリの規格表記 DDR○○とPC○○などはどこが違うの?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - メモリの規格表記 DDR○○とPC○○などはどこが違うの?

メモリの性能を表す値として、「DDR400」と書いてあることがありますが、この表記は何を示しているのでしょう?

結論からというと、この二つの表記は一つのメモリの性能を別々のいいかたで表したものです。

まず、DDR400というのはメモリのアクセスクロックをしめしています。

アクセスクロックとはデータにアクセスする速さのことです。

そしてPC3200とはメモリの最大転送速度のことをしめしています。単位はMB/秒です。

DDR-SDRAMメモリでは最大転送速度はアクセスクロックの8倍という相関関係があります。

よって、PC3200=DDR400です。

同様に、

PC5200=DDR667
PC4200=DDR533
PC3200=DDR400
PC2700=DDR333
PC2100=DDR266

とあらわすことができます。

まあそこまでカスタマイズ時に困ることはありませんが

是非参考にしてください^^



関連ページ

メモリ-パソコンにおけるメモリの役割を説明します。
メモリの選び方-メモリ購入の際のポイントを説明します。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項