HDDにもキャッシュメモリがある?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - HDDにもキャッシュメモリがある?

キャッシュメモリはいろいろなパーツでデータを一時的に保存するために使われています。

CPUにはデータを一時的に保存し、メインメモリーにわざわざアクセスしなくてもデータを蓄えておくことのできる
キャッシュメモリというものがありました。

このキャッシュメモリは非常に構造が複雑で、キャッシュメモリを増やすとコストや設置スペースが飛躍的に上昇するというデメリットもあります。

このキャッシュメモリ、実はHDDにも内蔵されています

機能はCPUと一緒で、マザーボードとHDD間のデータを一時的に保存しておく役目を持っています。

このキャッシュメモリが多いほど、CPUの負担は軽減し高速にデータを読み書きすることが
可能になります。

現行のHDDでは、16MBが主流で中には32MBものキャッシュ容量をもったHDDも存在します。



関連ページ

メモリ-パソコンにおけるメモリの役割を説明します。
メモリの選び方-メモリ購入の際のポイントを説明します。
メモリの規格表記 DDR○○とPC○○などはどこが違うの?

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項