デュアルチャンネルメモリとは?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - デュアルチャンネルメモリとは?

デュアルチャンネルメモリとは、容量、仕様、規格の同じメモリを2枚取り付け2倍のデータをやりとりする技術のことです。

たとえば、「PC3200」というメモリの場合毎秒3,2GBの転送速度を持っていますがデュアルチャンネルメモリ使用時には毎秒6,4GBまで転送速度を上げることができるという感じです。

デュアルチャンネルメモリで注意したいことは・マザーボード側がデュアルチャネルに対応していること・
マザーボードにメモリを差し込む位置が決まっていること
です。

メモリを差し込む位置はデュアルチャンネル用に色分けされているはずですが、しっかりマニュアルで確認したほうが
いいでしょう。

しかし、同容量、同仕様、同規格という条件はとても厳しいのであとからメモリを増設する方法はあまりおすすめできません。

店頭ではデュアルチャンネル用メモリがセットで売られていますし、BTOでは、あらかじめデュアルチャネルにするかを選択できるメーカーもありますので、そちらのほうが賢い選択です。



関連ページ

メモリ-パソコンにおけるメモリの役割を説明します。
メモリの選び方-メモリ購入の際のポイントを説明します。
メモリの規格表記 DDR○○とPC○○などはどこが違うの?
HDDにもキャッシュメモリがある?

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項