ソケット形状とは?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ソケット形状とは?

マザーボードにはCPUを装着するソケットがあります。しかしどんなCPUでも装着できるかというと違います。

マザーボードにはCPUを装着するソケットがあります。しかしどんなCPUでも装着できるかというと違います。

マザーボードのソケットの規格にあったソケット形状のCPUしか装着することはできません。

ソケット形状は各CPUによってピンの数、隆起の仕方などによって異なります。

また注意したいのは、同じブランド名のCPUでもケット形状が異なるものも存在します。

以下簡単にソケットの形状(規格)と対応CPUの表を作ってみました。

ソケットの規格主な対応CPU
LGA775PentiumD、Pentium4、Celeron
socket939Athlon64、AthlonX2
socket754Sempron
socket479PentiumM
socket478旧型Pentium4、Celron
socketA旧型Sempron、AthlonXP

注意)すべてのCPUが対応しているとは限りません。

現在の主流は、socket939とLGA775ですね。

socketAやsocketA478などはおそらく自作パソコンをやらない方は知らなくていいと思います^^;

CPUを交換するときはソケット形状に注意してくださいね。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項