OS64bitで何が変わる?

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - OS64bitで何が変わる?

bitとはパソコンで扱う情報の最小単位のことです。64bit化で大容量のメモリを搭載することができます。

bitという概念の確認bitという概念の確認

bitとはパソコンで扱う情報の最小単位のことです。

このbitでは、情報を0か1の組み合わせであらわすので1bitでは、0、12bitでは、00、01、10、11
の組み合わせが考えられます。

つまり、64bitでは、2の64乗の情報を扱えるということです。

別の言い方をすれば、64biに対応したCPUは2の64乗の広さにアクセスできるということになります。

この広さは、約16EB(=180億GB)というとんでもない領域です。

これほどまでの領域にアクセスできるということはとんでもないということが感覚的にわかっていただきたいです。

64bit化で何が変わるか?64bit化で何が変わるか?

まず上記のとおり、圧倒的にCPUがアクセスできる空間が増えるので、大容量のメモリを搭載することができる
という点です。

Windows XPでは、最大で4GBのメモリしか搭載することはできませんでしたが、
64bit環境では、実質1TB=1000GBの大容量メモリをサポートするといわれています。

(1000GBなんてもはやもうハードディスクの世界です^^;)

64bit化におけるCPUの変化64bit化におけるCPUの変化

64bit化にあわせて当然CPUも進化を続けています。

既存の32bit対応のCPUから64bit対応のCPUへの進化は続々進んでいます。

また、いくら大容量のメモリを搭載しても、それに見合う高性能な処理能力をもったCPUを搭載しなくては
全くもって宝の持ち腐れになってしまいます^^;

このように現在のCPUの進化としてはコア数を増やし複雑な処理にも対応できるよう、
マルチコア化が進んでいます。



関連ページ

OSのOEM(DSP)版とは何?

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項