データ通信ならこれ。モバイル向けプロバイダ

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - データ通信ならこれ。モバイル向けプロバイダ

昨年から今年にかけて、ノートパソコンでも使える定額のデータ通信サービスが増えています。

今のパソコンはネットにつなげない状態だと能力は半減。
そんな中、昨年から今年にかけて、ノートパソコンでも使える定額のデータ通信サービスが増えています。

定額のデータサービスをまとめてみると、データ通信サービスの老舗といえるウィルコムの

「エアエッジ」
イー・モバイルの「EMモバイルブロードバンド」
NTTドコモの「定額データプラン」
AUの「WINシングル定額」

があります。

それぞれのサービスは使える地域や速度、価格などに大きな差があるので、表にしてまとめてみました。

商品名
(メーカー)
最大通信速度接続使用料プロバイダ機能接続使用料キャンペーン価格キャンペーン契約条件接続制限
上り下り
ドコモ定額データプランHigh-Speed3.6Mbps384kbps全国専用プロバイダmopera Uと要契約930059853月1日から8月31日までの期間限定Windowsのみサポート。P2Pなど特殊なサービスの利用不可
ウィルコムストアAIR-ADGE 新つなぎ放題800kbps800kbpsほぼ全国別契約38802年契約のみ
auWINシングル定額 フルサポート3.1Mbps1.8Mbpsほぼ全国達成率別契約6930負荷に応じて速度制限
イー・モバイルオンラインストアデータプラン7.2Mbps384Kbps都市部中心含む598049802年契約のみなし

2008年3月現在

通信速度を見ると、イー・モバイルが高速です。ただし全地域で下り速度7.2Mbpsをサポートしているのではなく、半分の3.6Mbpsが大半を占める状況なので、ドコモの3.6Mbps、AUの3.1Mbpsとスペック上は大差がありません。

速度測定サイトのレポートやネットなどの接続速度の報告を見ていると、イー・モバイルが平均で1.2Mbps前後、ドコモが1.6Mbps、AUが150kbpsの数字になっていることが多く、AUの速度が遅い傾向が強くなっています。

とくに最初は1Mbps以上の速度が出て、しばらくつなぐと150kbpsまで落ちる報告が多くなっています。エアーエッジはもともと速度の上限が低いですが、128Kbps接続で約80Bpsとほぼスペックの半分強の数字が平均して出ている感じです。

エリアではサービスの始まって間もないイー・モバイルが2008年3月現在では都市部のみで約50%前後と低めです。

通信速度が遅い分、価格ではウィルコムがもっとも低くなっていますが、ウイルコムはプロバイダが別途契約が必要であるため、プロバイダの条件次第ではイー・モバイルの方が安くなる可能性もあります。

ドコモは標準設定が約1万円と高く、加えて月800円の専用プロバイダの契約が必要です。

auもさまざまなキャンペーンが組まれていますが、端末の購入や2年契約の縛りなど条件を見ていくとデータ通信用としては標準のWINシングル定額フルサポートコースが安め。

またプロバイダが別途契約が必要であるため、価格はその分上乗せされます。

プロバイダ価格はメーカーごとにバラバラといった感じです。

イー・モバイルでは、定額かつパケットの縛りのないサービスはデータプランになります。通常は月額5980円ですが2年契約にすると4980円に割引になります。

もし月の利用量が少ないのであれば、3月末に開始されたスーパーライトデータプランがお得。

基本利用料は月々2000円で無料通信分は1000円のみ。1000円を超えた分は従量制で課金されますが、上限はデータプランと同じ5980円なのでかなりお買い得。

またデータプランと同様に2年契約にすると月額1000円、上限4980円になる。プロバイダ料金も込みなのでコストパフォーマンスはかなり高いです。






関連ページ

ノートパソコンをBTO-管理人おすすめノートパソコンの紹介です。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項