CPU:その2

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CPU:その2

パソコンのカタログ上にはCPUの名前のあとに「2,8GHz」のように数字がついています。これは何を意味するのでしょうか?

まあななんとなくこの数字が大きいと高い!!というのは感覚的にわかっていると思うのですが
どういうことなんでしょうか?

これ簡単に言うとパソコンが一秒間にどれほどのリズムで動いているかということになります

この場合だと一秒間に28億拍動いているということになります。

この「リズムで動く」というのが結構くせものでしてパソコンのハードウェアには、メモリ、HDD、CPUなどいろいろなものがあります。

これらのものがばらばらで勝手に動いてしまうとパソコン全体がうまく動作をしないようなのです。

そこでそれぞれのハードウェアが一定のリズムに従い動作すればパソコンが滑らかに動くということでこの~Hzというものが使われます。

このリズムのことを「クロック周波数」とよび、Hzはその単位でヘルツと読み、一秒間に何拍のリズムを刻んでいるかをあらわします。

そして大体イメージ的にわかると思いますがこのクロック周波数が高いほどパソコンはきびきびうごいていることになり動作スピード、処理能力が向上します。

たとえば一秒間に28回往復ビンタをされるのと32回往復ビンタをされるのでは32回のほうがあきらかにビンタスピードがはやそうでめちゃめちゃ痛そうですよね?

そんな感じです!どんな感じ(笑)

まあとにかくこのクロック周波数が高いほど、コンピューターの動作スピードもあがり、価格も高くなるわけです


関連ページ

CPU:その1-パソコンにおけるCPUの役割を説明します。
CPU簡易価格表-価格変動が激しいCPUを一覧表にまとめてみました。
CPUの選び方-CPU購入の際のポイントを説明します。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項