メモリ

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - メモリ

メモリはデータの一時的な記憶装置としての役割をもつこれまたコンピューターのものすごい大事なパーツとなっております。

メモリはよく勉強机にたとえられます。

どうしてでしょうか?

ここであたなの自宅の勉強風景を想像してください。

勉強する人(つまりデータを処理する人)は、そうCPUです。勉強するための本や、参考書をCPUが扱うデータとします。

このときあなたがいちいち本棚から使いたい参考書(データ)を持ってきたりしまっていたりしたら大変に作業効率が悪いので、あなたは勉強机に参考書や本を並べておきますね。

よって勉強机は勉強をする人が効率よく勉強できるための作業スペースということになります。

つまりメモリはPCでは、CPUが作業するために一時的にデータを記憶してCPUが効率よくデータを処理できるための作業スペースになります。

当然勉強机が広いほど、CPUはより効率的に作業ができます。

これはメモリの場合、記憶容量ということになります。

パソコンでいえば、512MB、1024MBといわれるものがこの記憶容量です。

この記憶容量が多いほどパソコンは快適に動き、動作が速くなります。

ソフトをたくさん起動して、音楽を聴いていたらパソコンの動きが極端におそくなったということありませんか?

これはパソコン内の作業スペースが不足していて、かわりにハードデスクなどの非常にデータを処理するのに効率の悪い大容量の記憶装置が使われているためです。

この機能のことを仮想メモリといいます。



関連ページ

メモリの選び方メモリ購入の際のポイントを説明します。


トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項