ストレージ:その2

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ストレージ:その2

データを外出するときに持ち出せるストレージ、リムーバルメディアというものも存在します。

パソコンの内部には、ハードディスクと呼ばれるアルミ製の弁当箱を小さくしたようなハードウェアが存在します。

このハードディスク内には、名前のとおりハード(固い)、ディスク(円盤)が収納されていて、
この円盤上にデータが保存されます。

この円盤には磁気を記録できるような塗料が塗られており、カセットテープと同じような仕組みでデータが保存されるらしいです。

もう一つ付け加えると、OSがファイルを書き込めるように、ディスク上をいくつかのブロックにわけることを
フォーマット(初期化)といいます。

また、パソコンに保存したファイルやデータを、外出時に持ち運びたいというとき、まさかハードディスクを持ち出すわけにはいかないですよね(笑)

ここで、パソコン内のデータを保存し、パソコンから簡単に取り外し、持ち運ぶことのできる軽いストレージを
リムーバルメディアといいます。

リムーバルメディアにはいろいろな種類が存在し、昔使われていたフロッピーディスクもそうですし、
いまならDVD-ROM、デジカメのメモリーカード、コンパクトフラッシュなど、さまざまなリムーバルメディアがあるようです。



関連ページ

ストレージ:その1-パソコンにおけるストレージの役割を説明します。
ハードディスクの選び方-ハードディスク購入の際のポイントを説明します。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項