マザーボード :基本編

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - マザーボード  :基本編

パソコンの基本ともなる大事な部分です。紹介は下のほうになってしまいましたが(笑)

マザーボードはその文字通りパソコンの基幹部分を構成していてすべてのハードウェアの母の役割
をしています。

具体的にはすべてのハードウェアはマザーボードを通じて相互に結び合っており、データの移動なども
マザーボードを介して行われます。

今までパソコンの背面にある端子に接続していたと思われるハードウェア(キーボードもマウスetc)は実際には
すべてパソコン内部にあるマザーボードに接続していたのです。

先ほどデータの移動などもマザーボードを介して行うと書きました。

たとえば、通常の命令、キーボード→メモリ→CPU→ディスプレイという風にデータが流れているときいきなりデータがCPUにいったりしたり、メモリにばかりデータがいっていたりしたらパソコンはうまく起動できません。

そこでマザーボードにこのようなハードウェア間のやりとりをうまく統括して、データの流れを円滑に行うような役割をもったところがあります。

これはチップセットといわれています。

現在のチップセットは大体どれも、2個一組で構成されていて、大きい方の
チップをノースブリッジ小さいほうのチップをサウスブリッジと呼んでいます。

ノースブリッジCPU、メモリ、グラフィックボードなど動作速度が速く迅速なデータ伝達速度が必要な
ハードウェアと接続され、サウスブリッジは、キーボード、ハードディスク、拡張ボードなど比較的動作速度の遅いハードウェアに接続されます。

またこの二つのチップは相互にやりとりするための専用通路があって遅いハードウェアと速いハードウェアでも
データのやり取りを行うことができます。

そのほかにチップセットで知っておかなくては大事なことがあります。

実はチップセットには、どんなCPUかメモリが使えるかということがあらかじめ決められており、古いチップセットでは最新のCPUやメモリを搭載することはできません。

そして、チップセットを交換することは基本的にできませんから自作派などはマザーボードおよび、チップセットを選ぶことが最重要課題になります。

BTOではそこまで気を使う必要はないのですが、今後、PCをパワーアップさせていきたいという人はやはり最新のチップセットを

購入しなくてはいけません。



関連ページ

マザーボードの選び方-マザーボード購入の際のポイントを説明します。
省エネパーツ特集!!-省電力のパーツを紹介します。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項