インターフェイス

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - インターフェイス

このケープルを差し込むためにパソコンの背面(前面にもある)についている取り付け口のことをパソコン界ではインターフェースと呼んでいます。

パソコンにはさまざまなものを接続します。

マウス、キーボード、ディスプレイetc・・・。

それらのハードウェアとパソコンはケーブルでつながっているのですがこのケープルを差し込むためにパソコンの背面(前面にもある)についている取り付け口のことをパソコン界ではインターフェースと呼んでいます。

パソコンの背面をみるとさまざまな形のインターフェースがありますね。

これらのインターフェースはいろいろな形をしていますが異なっているのは形だけではありません。

それぞれのインターフェースごとにデータの伝達速度、伝達可能距離などが全然違うのです。

長距離のデータ伝達をすることができるがデータ伝達速度がおそいものや伝達速度は速いが、長距離のデータ伝達には適さないインターフェースなどいろいろあります。

それはなぜかというと接続するハードウェアによって要求することがちがうからです。

大容量のデータをおくりたいハードディスクのようなハードウェアもあればキーボードのように少量のデータをおくるが速度にこだわるハードウェアも存在するのでいろいろなインターフェースがあるのは自然のことなのです。

それぞれのインターフェイスが持つ役割をしっておくとハードウェアに関する理解が飛躍的に上昇するので是非しっておきたいところです。



関連ページ

インターフェイスの種類-USBなどのインターフェイスを紹介しています。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項