グラフィックボード :ゲーム用にグラフィックボード を選ぶにはどうするの? その2

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - グラフィックボード :ゲーム用にグラフィックボード を選ぶにはどうするの? その2

対応ゲームを決めるのはGPUの違いです。

3Dゲームの動作の目安はDirectX

今、市販されているゲームには2種類があります。アニメーションのようにあらかじめ用意された絵を動かして表現する
2Dゲーム、コンピューターが計算でキャラクターや背景などを描画している3Dゲームです。

3Dゲームは視点を変えたり、ユーザーのコマンド次第で表現を変えることができるので家庭用ゲームより
進化の速いパソコンゲームでは多く使われています。

ビデオカードの性能の差が出るのは、この3Dゲームです。計算によってキャラクターが表現されているので、
GPUの性能が高いほどゲームキャラの動きが速くなったり、絵がキレイになったりするというわけです。
ところが、2Dゲームと違って3Dゲームはどんなパソコンでも動作するというわけではなく、
対応したGPUとセットじゃないとダメだったりします。

対応のポイントとなるのが「DirectX」です。DirectXはかなりおおざっぱに言うと
「3Dゲーム」とGPUをはじめとするゲームに関係ある周辺機器をつなげるルールを
Windowsの製造メーカーであるマイクロソフトが決めたもの
です。

種類がいくつかあり、2008年3月現在ではDirectX 8.1、DirectX 9、Direct3D 9.0Ex、DirectX 10という
バージョンがあると覚えておくと良いと思います。細かいバージョンもありますが、そちらは別の表を見てください。

バージョンWindows種類
Windows種類Windows 2000および9x対応
DirectX 8.1Windows XP
DirectX 8.2Windows 2000、Windows XP
DirectX 9.0cWindows XP SP2
Direct3D 9.0ExWindows Vista ※3Dグラフィックスの部分しか変更されていないので、名称が異なっている。Windows Aero用
DirectX 10.0Windows Vista
DirectX 10.1Windows Vista SP1

DirectX 8.1はWindows XPに標準で載せられているものです。DirectX 9はWindows XP SP2、
Direct3D 9.0Ex、DirectX 10はWindows Vistaから載せられています。つまりDirect3D 9.0Ex、
DirectX 10対応のゲームは、Windows Vistaじゃないと動かないってことになります。

ゲームのパッケージには、動作環境として「DirectX ○×」以降、動作OSとして「Windows ○×」以降と
書かれている場合は、DirectXの対応状況、と言うことになります。

GPUの性能はDirectXの対応と色や明暗、質感といった3Dの画質を決めるプログラマブルシェーダの仕様によって
種類がおおざっぱに分けられます。NVIDIA製GPUの場合は、GeForce 6/7シリーズがDirectX 9世代、
GeForce 8/9シリーズがDirectX 10世代対応となっています。

AMD製RADEONシリーズはやや分かりにくいのでゲーム用にグラフィックボード を選ぶにはどうするの? その3
を参考にしてください。
プログラマブルシェーダにはDirectX 9以降に採用された2.0と3.0があって、
新しいゲームでは3.0以降にしか対応していないことがあります。

ちなみに現在市販されているものでも、5000円以下の激安ビデオカードは
Windows VistaのWindows Aero機能を利用できないDirectX 8.1世代のものも混ざっています。

このクラスの製品は、マザーボードの統合ビデオチップに性能が劣る場合もあり、購入時には注意が必要です。

3Dゲームには、動作に必要な「推奨動作環境表」が用意されています。下は3Dゲーム
「LOST PLANET EXTREME CONDITION」のものです。

推奨動作環境表

表には動作環境の後ろ側に「必須」と「推奨」の2種類が○と◎で表記されています。

必須はゲームを動作させるのに必ず満たされなければならない条件、推奨はきれいな画面で見たいなら、このくらいのスペックは用意しろ~という意味です。

3Dゲームの動作条件はGeForce系を基準に記載されていることが多いので、RADEONシリーズで動くかどうか判断しにくいのですが、動作環境にある「GeForce 6600以上」と書いてある場合は、下の表のDirectXとプログラマブルシェーダの世代を比較すると分かると思います。

ちなみにGeForce 6600以上だと、RADEON X1000以降のビデオカードが対応製品。
ただし、推奨ビデオメモリが512MB以上と指定されているので、RADEON HD 2600以降の製品現実的な選択肢となります。

ここまで、ビデオカードの話を中心にしてきましたが、ゲームの推奨環境にはビデオカード以外にもCPUやメモリ・HDDなどのスペックも重要になってきます。
あとネット対戦可能なオンラインゲームでは、回線の速度もゲーム環境の重要な要素です。
ゲームの推奨環境と照らし合わせてパソコンやパーツを選ぶと良いでしょう。



関連ページ

ゲーム用にビデオカードを選ぶにはどうするの? その1-グラフィックボードの性能のチェック方法を説明します。
ゲーム用にグラフィックボードを選ぶにはどうするの? その3-主なビデオカードのGPUおよびIntel チップセットの表です。
省エネパーツ特集!!-省電力のパーツを紹介します。
グラフィックボードの選び方-グラフィックボード購入の際のポイントを説明します。
グラフィックボード:基本編-パソコンにおけるグラフィックボードの役割を説明します。
ノートパソコンの内蔵グラフィックスって何が違うの?-ノートパソコン用のグラフィックボードの特徴は何?

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項