グラフィックボード:ハイエンドボード GeForceGTX280とRADEON HD4850

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - グラフィックボード:ハイエンドボード GeForceGTX280とRADEON HD4850

グラフィックボード最高峰の比較です。

NVIDIAとATIから最新ビデオチップ「GeForce GTX 280」と「RADEON HD 4850」が登場。

GeForce 9800シリーズは従来のGeForce 8800の小改良版というイメージがあって
イマイチだったが、GeForce GTX 280は性能面では大幅にパワーアップ。GeForce 9800との比較は次の通り。

Intel P35系列

商品(メーカー名)GTX 2809800GTXRADEON HD 4850
ストリームプロセッサ240128800
コアクロック602MHz675MHz624MHz
メモリクロック1107MHz1100MHz2000MHz
最大メモリ1GB512MB512MB
メモリインタフェース512256256
対応Direct X101010.1


今のところ、ゲームユーザーから見ると各処理が高速化され、フルハイビジョンのような高解像度モードでの動作が軽くなったという以外に新しい機能はないが、GPGPUという並列処理機能を装備するなど将来性を考えた設計になっている。

購入時の注意点は消費電力が最大236Wと非常に高いこと。
また、動作させるには、1枚のカードにつき、PCI Express電源が8ピン×1、6ピン×1個必要で、
パソコン側の電源環境にも注意がいる。

このほか、奥行きもかなり大きめで、マザーボードの設計によってはSATAコネクタの一部が使えなくなるなどの
問題があるので注意。

玄人志向 GF-GTX280-E1GHW 玄人志向 GF-GTX280-E1GHW
ASUSTeK ENGTX280/HTDP/1GASUSTeK ENGTX280/HTDP/1G

コストパフォーマンスの高いハイエンドカードとして、注目度バツグンなのが「RADEON HD 4850」だ。

実売価格はなんと2万円で有りながら、処理性能はGeForce GTX 280の933ギガFLOPSに対し
1テラFLOPSという性能の高さを誇る。

消費電力もハイエンドカードながら110Wと低く、消費電力と性能を割った比較では、同社のHD 3800シリーズの2倍以上の性能になるという。

電源コネクタはPCI Express電源6ピン×1個あればよい。このほかにも得意技である動画再生支援機能も強化された。

ブルーレイには、子画面でも動画を表示する機能があるが、こうした場合にも両方の動画に
再生支援を行うようになっている。

また動画を拡大してもギザギザにならないようにするアップスケーリング処理やフレームごとに明るさを調整して
メリハリを付けるといった最新テレビに負けない機能も用意された。

これまでは、ATI系はゲームの動作がやや弱い印象だったが、RADEON HD 4800シリーズは、
コストパフォーマンスの良さからゲームメーカーも対応を考えているところが多いらしく、今後の対応ソフトの登場も期待できる。

SAPPHIRE HD4850 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVOSAPPHIRE HD4850 512M GDDR3 PCI-E DUAL DVI-I/TVO
GIGABYTE GV-R485-512H-B GIGABYTE GV-R485-512H-B




関連ページ

グラフィックボード:基本編-パソコンにおけるグラフィックボードの役割を説明します。
ノートパソコンの内蔵グラフィックスって何が違うの?-ノートパソコン用のグラフィックボードの特徴は何?
ゲーム用にビデオカードを選ぶにはどうするの? その1-グラフィックボードの性能のチェック方法を説明します。
ゲーム用にグラフィックボードを選ぶにはどうするの? その2-DirectXとは何のことでしょうか?
ゲーム用にグラフィックボードを選ぶにはどうするの? その3-主なビデオカードのGPUおよびIntel チップセットの表
省エネパーツ特集!!-省電力のパーツを紹介します。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項