バルク品/リテール品

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - バルク品/リテール品

バルク品とリテール品の違いは販売形態の違いである。

バルク品は、メーカー保証外の非正規品
箱やマニュアルなどの付属品がついてないタイプが多い。

これに対し、リテール品はボックス品ともいわれ
メーカーの保証や箱、取扱説明書などがきちんと付属する

バルクとは「大量販売」の意味で、PCメーカー向けに大量に卸されたパーツが
市場に流れたものが主となっている。

バルク品は、メーカの正規品(リテール品)に比べ、
メーカーの保証、ドライバ、箱、取扱説明書などがついていないかわりに
値段が安いということもあり、自作派などに好まれているという現状がある。

主に光学ドライブ、HDD、メモリでのバルク品が有名。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項