D-sub15ピン

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - D-sub15ピン

D-sub15ピンとはコンピューターをディスプレイ接続するインターフェイス規格の一つ。

D-sub15ピンではアナログ信号でディスプレイに映像を出力する。

しかしパソコン内で扱われるデータはデジタル信号なので、ビデオボードによるアナログ信号への

変換作業が必要となり、画像が劣化する場合がある。

このため今の主流はデジタル端子であるDVI端子、

もしくはデジタル端子とDVI端子を両方搭載しているビデオボードが主流となっている。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項