BTOパソコンとメーカーパソコンのメリット・デメリット

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - BTOパソコンとメーカーパソコンのメリット・デメリット

購入先を検討する前にメリット・デメリットを確認しましょう。

【BTOパソコン】

パソコンを使用する目的がわかっていて、そのための必要なスペックを知っている方に向いていると思います。

・メリット
安くて高スペック、そして拡張性が高い。
店によってはかなりカスタマイズして注文できる。
他にも自作PCと違いある程度の保障がついている。

・デメリット
付属ソフトがほとんどない
説明書などもほとんどの場合ない。 
PC初心者がパソコンをオーダーするのには難しい。

【メーカーPC】

メーカーPCは 初めてパソコンを使う方やあまりパソコンの知識がない方
後は、映像などのAV用途で使いたい方に向いていると思います。

・メリット
付属ソフトが多い
サポートが充実している
保障期間も長い

・デメリット
メーカー独自のパーツを使用していることが多く拡張性が低い。
価格が高め。
パーツが手に入らないので変えようと思っている人には勧められない


【まとめ】

BTOとメーカーPCを比較すると、格段にBTOの方が安いので、値段重視ならBTO、サポート面を重視するならメーカーパソコンが良いでしょう。

家族や友人にパソコンに詳しい人がいるのならBTOでも良いと思います。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項