CPUの選び方

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - CPUの選び方

BTOをする際、まず真っ先にカタログに記載されているのが、CPU。パソコンの価格に大きく関係する重要なパーツ。

CPUはパソコンのデータ処理全般をつかさどるPCの心臓部分です。
当然パソコン選びでは大変重要な選択になってきます。
このページではBTOの際、知っておきたい最低限の知識をまとめておきますね。

CPUの性能判断CPUの性能はどうやって判断するか?

市場ではさまざまなCPUが氾濫していますがこれからあげる3つのポイントを抑えておけば CPUのおおよその性能は判断できます。

・動作周波数

同種類のCPUでは、

動作周波数が高いCPUのほうが基本的に性能が上がります。そして値段もあがります。

例 Core 2 Duo 2,8GHz >Core 2 Duo 3,0GHz(3,0GHzの方が性能高)

・1クロックあたりの作業効率

実は、周波数だけ高くても一クロックあたりの作業効率が違えば単純に動作周波数だけで比べることはできません。
たとえばAMDのAhtlon64はインテルのPentium Dual-Coreよりも1クロックあたりの作業効率が高く、
Pentium Dual-Coreよりも低い動作周波数でほぼ同様の性能をはじき出します!

・搭載機能

基本的に上記の2点だけ覚えておけばBTOでは問題ないですが
さらにCPU本体が持つ機能によってたとえ同種類、同クロックでも性能が若干異なってきます。
搭載機能では

64Bit技術・・・64BitOSに対応するためのアーキテクチャ

拡張命令セット・・・特定の処理を高速化するためにCPUに搭載されたもの。

マルチメディア系の処理を高速化するSSE33Dnow!などがあります。

CPUの種類CPUの種類

以下にあげるCPUがBTOパソコンを購入するときにでてくるCPUのほぼ全種類です。軽い特徴と位置づけを一覧表にまとめておきました。

メーカー製品名位置づけ
IntelCeleron低価格デスクトップPC向け
Core 2 DuoメインストリームデスクトップPC向け
Core 2 QuadハイエンドデスクトップPC向け
Core 2 ExtremeハイエンドデスクトップPC向け
AMDSempron低価格デスクトップPC向け
Athlon 64低価格デスクトップPC向け
Athlon 64 X2メインストリームデスクトップPC向け
Athlon FXハイエンドデスクトップPC向け




関連ページ

CPU:その1-パソコンにおけるCPUの役割を説明します。
CPU:その2-CPUの性能の読み方、わかりますか?
CPU簡易価格表-価格変動が激しいCPUを一覧表にまとめてみました。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項