マザーボードの選び方:その1

BTOでは基本的にマザーボードおよびチップセットの選択はできません


BTOパソコンはほとんどのメーカーでCPU、メモリ、ハードディスクなどのパーツは
カスタマイズできるのですが、マザーボードはあらかじめパソコンの中に
組み込まれている状態なので、基本的にBTOでの選択はできません。


自作PCなら今後の拡張性を本当に左右する最重要パーツなのですが
BTOではそれほど気を使う必要はありません。
BTOのカタログ画面にはマザーボードの名称すらのせていないメーカーもあります。


というか現在たくさんのマザーボードが乱立していて専門家のような
幅広い知識をお持ちの方以外の初心者にはとてもとっつきづらいです。


ですから、

・チップセット
・インターフェイス

という2点だけは確認しておきましょう、


チップセットは、できるだけ最新のものがいいです。
最新のチップセットですと、最新のCPUやメモリを設置できるので
1年、2年たってパーツの交換などをする場合があっても便利だからです。


インターフェイスでは
USBポートの数と、配置(前面にあると便利)、そしてギガビットLAN、
IEEE1394を搭載しているか?(あると便利です)


ここら辺をおさえておけばほぼ問題ないように思われます。


2005年10月18日 09:39

コメント