ケースの選び方

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ケースの選び方

ポイントは追加スペックを許容するスペースがあることと、場所を取らないかどうかです。

BTOではPCケースはほとんど気にする必要はないと思います。

ハーキュリーズやVSPECなどの自作系パソコンショップ以外はケースの

カスタマイズはほぼできません。

ケースにこだわりたいなら自作パソコンに覚悟決めて挑戦するしかありません(=゚ω゚)ノ

タワーパソコンにおいてケースの種類は3つあります。

小さいほうから

マイクロタワー<ミドルタワー<フルタワーです。

マイクロタワーマイクロタワー

INSPIRE_Tuba.jpg

ミニタワーとも言われる。
バリューパソコンモデルに多く採用され、拡張性を残しながらタワーパソコンにしては
コンパクトなフォルムで人気。ただコンパクトっていっても結構でかい。


ミドルタワーミドルタワー

mt704d_fix_top.jpg

ゲームPCやハイスペックなPCに使われることが多い。
拡張ベイの数も増え、冷却性能も高い。
ミニタワーよりもさらにでかくなり場所とるよ~^^

フルタワーフルタワー

602diiisvn_1.jpg

サーバー用などに使われるとんでもなくでかいケース。
一般の家庭用PCには使われることはまずない。
拡張ベイの数がものすごく多くて、え?これ本当に全部使うの?
と思わず突っ込みたくなってしまう(;´Д`)


上記の説明を見ていただけばわかるんですが、ケースの大きさが大きくなれば

その分拡張ベイの個数も増えより多くのドライブなどを増設することができます

またマザーボードもより大きいものを搭載できるので、拡張スロットの個数も増えるでしょう。

またケースが大きくなると、冷却性やメンテナンス性も向上しますので

熱を多く発するCPUやパソコン内を改造したいという人などは大きめのケースがいいでしょう。



関連ページ

個性派ケースBTO-個性的なケースをあつめてみました。

トラックバック

トラックバック表示は当サイトURLが含まれているものに限らせて頂きます。
このエントリーのトラックバックURL:

コメント
Copyright © 2008- [ Strawbag Co.,Ltd. ] All rights reserved
|免責事項